光脱毛で想定される肌トラブルとは?

脱毛サロンで導入されている光脱毛は肌トラブルが起きるのでしょうか?

肌トラブルが起きると脱毛自体も出来ませんし、治り方によっては跡が残る可能性もあります。

出来れば避けたいものです。

この記事では光脱毛によって起きる可能性のある肌トラブルについて解説していきます。

①医療脱毛よりは肌トラブルは起きにくい
②肌の赤味や乾燥が出る可能性がある
③もし気になる場合は脱毛サロンに連絡を

肌に赤みが出る場合がある

脱毛後に肌の赤味が出ると聞いた事があるけど大丈夫?

脱毛サロンでは光脱毛を行っており、光を当てて毛根部分のメラニンに熱ダメージを与える仕組みです。

医療脱毛のレーザー脱毛に比べると出力は劣るものの、熱ダメージを与える程度の出力はあります。

そのため、施術を行った後の肌は熱を持っている状態なので赤みが出てしまう人も。

肌のクールダウンや保湿で落ち着く場合もありますが、体調によっては肌の炎症につながってしまう場合もあります。

中でもVIOや顔、ワキはデリケートな部分で肌トラブルが起きやすい箇所でもありますので、注意してください。

肌に赤みが出ている体調での運動や飲酒は血行が良くなり状況が悪化する可能性もありますので、避けてください。

肌の乾燥が起きやすい

脱毛後に肌が乾燥した!という話も聞くけどどうなの?

脱毛後は光照射によって熱を持っている状態というだけでなく、肌も乾燥しやすい状態です。

脱毛後は刺激が少ない化粧水などで保湿をするようにしてください。

脱毛後にニキビが出来てしまう

脱毛した後にニキビが出来てしまったかも?

脱毛後のお肌にニキビのようなできものが出来てしまうという例もあります。

ニキビではなく毛嚢炎の可能性が高いです。

毛嚢炎は脱毛後の毛穴に雑菌が入り込む可能性があります。

脱毛後は肌のダメージも受けているという状況もあり、炎症が起きやすいです。

かゆみがなく、ニキビのように芯がない場合は毛嚢炎だと考えましょう。

医療脱毛よりは肌トラブルは起きにくい

医療脱毛やサロン脱毛、それぞれ肌トラブルが起きる可能性はあるんだね!

医療脱毛よりサロン脱毛の方が肌トラブルの心配は少ないです。

医療脱毛で扱われているレーザー脱毛は出力が高い分、肌の状況に合わせて出力調整を行い照射をするのですが、出力調整が強いとヤケドや湿疹の原因になる場合もあります。

サロン脱毛で取り扱っている光脱毛は出力もレーザーより弱いので、肌トラブル自体も起きにくいです。

また、脱毛方式によっては専用のジェルを塗布して照射したり冷却しながら照射するといった方法で極力肌ダメージを少なくする工夫がされています。

肌トラブルが起きないように注意したい事

脱毛をする時にトラブルを避けるためにも意識しておきたい事がたくさんあるんだね!

施術を受ける私たちの方でも注意しなくてはいけません。

前日にカミソリでシェービングした、肌の乾燥がひどい、脱毛施術前後に飲酒やスポーツをする、体調不良がある、予防注射を前日に受けた等、肌の状態が不安定な時に脱毛を受けると肌トラブルにつながる原因に。

トラブルを避けるためにも体調と肌の調子は整えておきましょう。

肌トラブルが起きたらサロンへ連絡を

もし脱毛後に肌トラブルが起きた場合はどうすればいい?

肌トラブルと思われる変化があった場合、まず脱毛サロンへ連絡をしてください。

大手脱毛サロンの多くはクリニックと医療提携を行っている場合が多いです。

連絡後、指示があった医療機関に行き、状況を診てもらうようにしてください。

対応は各脱毛サロンで違いがあるので、カウンセリングの段階で、肌トラブルが起きた場合の対応について確認しておきましょう。

まとめ

脱毛サロンで扱っている光脱毛は医療脱毛に比べ出力も弱いので、肌トラブルは起きにくいです。

ただ、肌の赤味や乾燥が出てしまう事もありますので、脱毛後に汗をかかないようにしたり、脱毛期間中は肌の保湿は意識しておきましょう。

もし、肌トラブルかな?と思う状況の場合はまず脱毛サロンに連絡をして、提携医療機関に紹介してもらうなど、詳しい指示を受けて対応してください。