敏感肌の人におすすめの脱毛方法は?

敏感肌の人でも脱毛は出来るのでしょうか?

ムダ毛の悩みがあるものの、これまで敏感肌という理由で脱毛するのを諦めたという事もあるかもしれません。

脱毛方式を選ぶ事で敏感肌の人でも脱毛できる場合があります。

この記事ではおすすめの脱毛方式や注意点など、敏感肌の人向けの脱毛についてご紹介していきます。

①サロン脱毛だと可能な場合がある
②肌への負担が少ない脱毛方式がある
③まずはカウンセリングで相談を

サロン脱毛の方がおすすめです

医療脱毛とサロン脱毛だと違いはあるの?

サロン脱毛で取り扱っている脱毛機器の方が肌への負担は少ないです。

皮膚科やクリニックで取り扱っている医療脱毛ではレーザー脱毛の取り扱いが多いです。

医療脱毛は出力が強い分、効果は期待できるものの肌への負担もかかってきます。

サロン脱毛で扱っている光脱毛は、レーザー脱毛より出力が弱いです。

出力が少ない分、肌への負担も少ないので敏感肌の人でも安心して脱毛できる場合があります。

敏感肌の人はサロン脱毛から始めてみましょう。

脱毛方式を選ぶ事で肌への負担を減らす

サロン脱毛を選ぶ時のポイントってある?

脱毛サロンで取り扱っている光脱毛の方式で選ぶようにしてみましょう。

脱毛サロンではIPL脱毛とSSC脱毛、SHR脱毛、THR脱毛など、複数種類があります。

IPL方式 

ストラッシュ、キレイモ、シースリー、銀座カラーなど多くのサロンで導入している脱毛方式。

光の照射で毛根部分に熱ダメージを与える脱毛方式です。

SSC脱毛器

脱毛ラボ、ミュゼプラチナムなどで導入しています。

専用のジェルを塗り、ジェル越しにクリプトンライトを照射する事で抑毛していく方法で肌への負担が少ないです。

SHR脱毛 

ストラッシュで導入されています。

毛を生やす元となるバルジ領域に熱を与える蓄熱方式なので肌への負担が少ないです。

THR方式 

恋肌で導入している脱毛方法。

SHR脱毛と同じ蓄熱式なので、同様に肌への負担が少ない脱毛方法になります。

SSC脱毛、SHR脱毛、THR脱毛は痛みの感じにくい脱毛方式なので、痛みが苦手という人にもおすすめです。

もし、敏感肌による肌トラブルが心配な場合は、SSC脱毛、SHR脱毛、THR脱毛を導入している脱毛ラボやミュゼプラチナム、ストラッシュ、恋肌あたりでの脱毛を検討してみると良いでしょう。

敏感肌の人が脱毛をする時の注意点

敏感肌の人が脱毛をする際に気を付けておいた方が良い事ってある?

まずカウンセリングの時に敏感肌だという事を伝えてください。

敏感肌の人は肌の炎症が起きている際に色素沈着を起こしている事も。

色素沈着の状況によっては照射を避けた方が良い場合もありますので、まずは相談をして脱毛が可能かどうか確認してみましょう。

他にもステロイドや塗り薬を使用している人は同様にカウンセリング時に伝えてください。

種類によっては脱毛の施術時に問題があある場合もあります。

肌の状況をしっかりと伝えた上で相談していきましょう。

まとめ

敏感肌の人でも脱毛サロンでの脱毛は受けられる場合があります。

サロンに導入している脱毛方式によっては肌への負担が少ない方式も。

まずはカウンセリングを受け、自分の肌の状況を伝えた上で脱毛が可能かどうか相談してみてください。